私的ティッシュ論

今日は、ダメダメDAYなので。
ティッシュについて考えてみました。


もそも、ティッシュというのはうすぅーい紙で出来ている、二枚一組の物体です。

触り心地は、フワフワ。ほわほわ。シュルッシュルなどで

布よりも肌になじみやすいので、鼻をかんだり、タンをつつんだり、こぼしたものを拭いたり

するのに良く人間がつかっています。


ほかの使い方には、コヨリを作って鼻に入れて無理やりクシャミをだしたり、

ビリビリに破きながら人生を悲観したり  英語のPの発音が出来ているか

調べるために使ったり、フワフワまおまおの衣装につかったり

美容室でシャンプー中に美容師さんときまづくならないように顔にあてがったり

金融会社の宣伝などで道端でくばられたり(ポケットティッシュとして)

近所のおばちゃんが、お菓子(かりんとう等)を包むのに使用します。


詩的に表すと「今にも飛んでいってしまいそうな存在」だったり、「人間の身勝手によって

木を切り、繊維(パルプ)にしてうっすい紙にしたもの」だったり 「BOYSの夜の御供」

と表現することが可能かもしれません。


主な主要メーカーは

ネピア スコッティ エリエール クリネクス などがあります。

主婦は、メーカーで選ぶより特売品のものを選んで買う傾向が強いようです。


ちなみに、「ティッシュ」という名前は一般的に良く知られていますが

TBSラジオJUNK(月~金 深夜1:00~3:00放送中)のへビーリスナーの中では

「ティッシュ職人水戸ア*ル」というはがき職人の名前の方が一般的です。

ティッシュ職人水戸ア*ル

ちなみに、ティッシュの使用量世界一はダントツで日本が一位だそうです。

そういう私の今日一日のティッシュ使用枚数は6枚で、内3枚は

ぶどうゼリーとドンベエ(きつね)を食べる間に使用しました。


それでは、皆さんの輝かしいティッシュライフをお祈りいたします。
f0061474_2024563.jpg
[PR]
by marbushan | 2006-06-05 20:10 | ひとり言っす☆